タヌーシャ倶楽部のブログだよ〜ん

販売している両爬虫類や昆虫の紹介や飼育している動物達の日々の生活

今年の結果発表

【コーンスネーク】
<ハイポラベンダーhet.アメラニ♂×バターモトリー♀>
16個産卵(内9個スラッグ)⇒1匹孵化(表現型:バターモトリー)

残った7個中1匹だけ産まれたが未成熟で背骨のが曲がっている奇形であった。死篭りしていた3匹や生まれた子は全てバター+ストライプorモトリーだったため、ハイポラベンダーhet.バターモトリーorストライプで、♀もストライプを持っているかもしれない。

<ルートビアストライプ♂×ルートビアhet.ダブルアルビノ001♀>
9個産卵⇒0匹孵化

殆どの卵が無精卵だった。この♀はストライプをヘテロでストライプを持っているため、ルートビアストライプの量産を期待したのだが残念。来年も同じ掛け合わせをする予定。

<ルートビアストライプ♂×ルートビアhet.ダブルアルビノ004♀>
10個産卵⇒3匹孵化
(表現型:ストライプ、ノーマル、クリームシクル)

22

こちらも無精卵や死篭りが多く採れたのが3匹だけと少なかった。しかし今回生まれた子達からストライプ♂はヘテロアルビノで、♀はヘテロストライプということがわかった。
来年も同じ掛け合わせをする予定。

<ブリザード♂×ブリザード♀>
14個産卵⇒14匹孵化(表現型:ブリザード)

jpg large

卵全体がブツブツだったため少し心配だったが無事14匹孵化してくれた。来年もこの組み合わせで掛け合わせる予定

<ブリザード♂×アメラニ♀>
13個産卵⇒13匹孵化(表現型:アメラニ)

37

無事全ての卵から孵化してくれた。来年は多分掛け合わすことは無いと思う

【エモリーラット】
<エモリーhet.ハイビノ♂×エモリーhet.ハイビノ♀H001>
5個産卵⇒4匹孵化(表現型:ノーマル)

今年一番の期待だったのだが全てノーマル表現と大はずれ。来年以降も引き続き継続して掛け合わせる予定だが最低でもゴーストが出て欲しい。

<エモリーアルビノ♂×エモリーアルビノ♀>
6個産卵⇒3匹孵化(表現型:アルビノ)

1匹だけ尻尾に軽微な曲がり有り。兄弟同士の掛け合わせだったがこれと言って面白い子も採れず、来年は掛け合わすかどうか悩むところ。

<コロラドマウンテンラット♂×コロラドマウンテンラット♀>

2個産卵⇒2匹孵化(表現型:コロラドマウンテンラット)

54

♀を卵詰まりで死なせてしまったため無事生まれてきてくれてホッとしている。2匹はそれぞれ♂、♀と別れたため両方ともKeepする。

今年の産卵結果

前回の日記でも予感はしていたのですが、今年はかなり厳しく、辛いシーズンとなってしまいました。。。

まずは、大切にしていたコロラドマウンテンラットの♀が卵詰まりからの処置失敗による死亡

これは100%私が悪いため、正直今でも引きずっています。。。
何とか血管が浮いてる卵が2個残っているので無事生まれて欲しいです

2つ目に、今年の目標の一つとしていたアルビノコロラドの検証も♀が卵を産まず来年以降に持ち越し、そして1つ目の違う♀を落としてしまったことで検証よりも先にコロラドマウンテンを増やすことを優先しなければならなくなってしまうかもしれません。

エモリーラットに関しては、ヘテロスノー同士またはヘテロ×ホモでのアザンテック(又はアネリ)の作出も交配させることが出来ず持ち越し、何とかスノーだけでもとホモ同士を掛け合わせるも卵を産まず

何とか目標としていたことで出来たことといえば、ヘテロハイビノ同士から卵を採ることが出来た事と、ブリザードが卵を産んだことぐらいです。

いろいろと上手くいかなかった原因はあると思いますが、一番の問題はやはり私の未熟さと管理不足なのでこの失敗を来年以降起こさないように気を引き締め、今年生まれてくる仔達を立派に成長させてHBMに参加できるよう頑張ろうと思います。

長くなってはしまいましたが、今後も夢を諦めず細々とですが頑張って行きますので宜しくお願い致します。

今年は不調みたいです

今年9ペア掛け合わせたのですが、今のところあまり良い結果が出ておりません(汗)

04
コーンスネーク ハイポラベンダー♂×バターモトレ

57
エモリーラット ヘテロハイビノ♂×ヘテロハイビノ♀


今のところ上記以外にも3匹が産卵したのですが、スラッグが多かったり、♀が卵詰まりしてしまっていたり(現在様子見していますが、このまま出ないのであれば注射器で中身抜き取る予定)とあまり調子は良くありません。

ただ、まだ産卵が終わってない♀が4匹居るため最終的にはどうなるかわかりませんが、あまり期待はしないほうがよさそうです。。。。

まだ終わってなかったです(汗)

52
コーンスネーク ブリザード♂×アメラニ♀(スゴロモ)

ブリザード♂の盛りがおさまらないので、違う♂と掛け合わせようと思って取っておいた♀(結局目的の♂が盛らず空いていた)と合わせたところ数秒で交尾。。。

やっぱり盛りの付いた♂は頼もしいものです

今年最後の交配になりそうです

30
ルートビアストライプ♂×ルートビアhet.Wアルビノ♀(R-004)

何とかルートビアストライプが再度盛ってくれたおかげでもう一匹のhet.Wアルビノと掛け合わせることが出来ました。

ブログには載せていませんが、ルートビアストライプの雌親(R-001)とも交配させているためこの♂は2回目の交配となります。

今年は、ルートビアストライプやクリームシクルストライプを狙うためにルートビアストライプ(poss.Wアルビノ)を使い、R-001と掛け合わせたのですが、R-004はストライプ因子を持っているかどうか分かっていないため確認のために交配しました。

もし今回R-004からストライプが採れなければ、私の考えていた仮説が現実味のあるものになるため出来れば出てきて欲しくないですが、とりあえずは無事産卵してくれることを期待しております。

交配もそろそろ終盤戦

G.W.も終わりが近づき、徐々に我が家のヘビ達の交配も終盤戦となってきました。

00
アルビノコロラドマウンテンラット♂×コロラドマウンテンラット♀

このペアは、去年上手く掛からず、今年も1回目では♀が受け入れているにも関わらず♂が下手っぴのため今年も駄目かと思ってたのですが何とか無事掛かってくれました。


06
エモリーラットスノー♂×エモリーラット♀

逆にこのペアは、♂が入れた途端にへミペニスを出し、精液が漏れてしまうという恐ろしい(うらやましい)ぐらい盛っていたため一瞬で掛かりました(汗)


まだ掛け合わせたい組み合わせの半分ぐらいしか完了していませんが、♂がなかなか思うように行動してくれないこともあり悩ましい限りです


追伸:やっぱり交尾が得意な♂は素晴らしい!!


本命続々

GWを前にして続々と本命が交尾してくれました。

45
エモリーラット ヘテロハイビノCB2011♂×CB2013♀


ちょうど4年前、彼らからハイビノを採る為に頑張って育ててきた2匹をようやく掛け合わせることが出来ました。

まだ本命が採れても居ないので大手を振って喜ぶことは出来ませんが長かった道のりだったのでホッとしております。


09
コロラドマウンテンラット♂×♀

この子達は入れて数秒で交尾をするという早業でしたが、無事掛け合わせることが出来ました。

コロラドマウンテンの血をとりあえず増やしておきたいのでこちらも無事に生まれてくることを祈っています。

ブリザード×ブリザード

今年はなかなか思い通りに交配が進まずモヤモヤしているなか、ブリザード同士が何とか掛かりました。

37
ブリザード♂×ブリザード♀

♂が冬眠から明けても餌を食べようともしないため、半ば諦めていましたが入れて少し目を離したら交尾が終わってました(汗)

とりあえず今のところ考えている交配リスト完了まで残り9ペアとなりました(まだまだ先が長い。。。。)

今年も始まりました

今年も一発目はこのペアから始まりました(笑)

25
ハイポラベンダー♂×バターモトレー♀


去年は、♀が抱卵しなかったため子供が取れませんでしたが、今年こそは無事het.アマレットが採れますように!

アルビノコロラドマウンテンアルビノの謎

冬眠中のエモリー達を一緒に入れて撮影しました

エモリー3種

この子達は、エモリーラットのスノーとアルビノ、そしてコロラドマウンテンラットのアルビノ?なんですが、どう見ても同じには見えないですよね?

エモリーのアルビノは見るからのオレンジ、スノーは白&薄ムラサキ、そしてアルビノコロラドマウンテンはライム&イエロー(写真ではライム色は綺麗に映らないです。。)


エモリー3種アップ

3匹をアップした写真ですが、違いが良く分かると思います


まだ遺伝的検証をしたわけではありませんが私の中ではアルビノコロラドマウンテンラットはエモリーラットアルビノとは違うと思っています

エモリー3種からまる

写真は、絡み合う3匹(笑)


そして私の考えが正しいかどうかを下記方法で試そうと考えています


1.アルビノコロラドマウンテンラット×コロラドマウンテンラット

この掛け合わせでコロラドマウンテンラットが生まれれば私の予想通りとなります。

2.アルビノコロラドマウンテンラット×アルビノエモリーラット

これで全てノーマルが生まれればコロラドマウンテンラットのアルビノは、エモリーラットのアルビノとは違うことが分かります。

3.アルビノコロラドマウンテンラット×コーンスネーク(アルビノ)

まず考えられないとは思うのですが、一応コーンのアルビノ因子で無いことも確認したいため試そうと思います。


ただ、これらの掛け合わせをするためには無事今年アルビノコロラドマウンテンラットが盛ってくれることが必須条件のため、正直一つでも検証出来れば恩の字かなぁ〜と。。。(汗)

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング
にほんブログ村 その他ペットブログ ヘビ(スネーク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット ペットショップへ
にほんブログ村

ペットブログランキング

ランキングに参加しております。
よろしければポチっと
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ