タヌーシャ倶楽部のブログだよ〜ん

販売している両爬虫類や昆虫の紹介や飼育している動物達の日々の生活

コーンスネークの赤ちゃんについて

コーンスネークはとても飼育しやすく繁殖も簡単なヘビですが、実は生まれてから餌付く(ちゃんと消化し排泄物をするまで)まではすごく大変です。

今年我が家ではルートビア同士の間に11匹の赤ちゃんが生まれたが、残念ながらそのうち2匹が餌を飲み込むことが出来ない状態です。

最初はピンクマウスSSを与えたところ普通にかぶりついたので安心していたのですが、他の子たちと比べて飲み込むスピードが遅く、少し心配していたのですがゆっくり飲み込むタイプの子も居るため他っておきました。

しかし、結果としては喉を過ぎたあたりで詰まってしまったみたいで何度も体をくねらせて奥へ送り込もうと頑張ったのに最終的には吐き戻してしまいました。

その後10日以上餌を与えず、今回はピンクマウスSを1/3以下にして与えましたが、同じく喉を過ぎたあたりで止まってしまいます。

このことから、ただ餌が大きくて飲み込めないのではなく、生まれつき食道が細い又は、筋肉が弱い奇形の可能性が高いと考えられます。

とりあえずこの子達はさらに餌を小さくし、消化⇒排出までのサイクルを得られるように考えなければなりません。

これは私が今まで繁殖してきた中で思ったことなので違いはあるかもしれませんが、ご購入される時は必ず餌を食べていることを確認してから購入してください。

でないと、とても苦労します。(肉体的にも精神的にも)

今年はHBM出店します!

正式にHBMに出店することが決定しました

HBM260831

【出品リスト】
・エモリーラットhet.アルビノスノー
 エモリーラットのアルビノとスノーの子達です 2014年産

・エモリーラットhet..ハイビノ ペア
 エモリーラットのアルビノとハイポのペアです 2012、2013年産

・コーンスネークルートビア ポッシブ ダブルアルビノストライプ
 ルートビアhet.ダブルアルビノ同士の子達です 2014年産

・コーンスネークルートビアストライプ ポッシブダブルアルビノ
 ルートビアhet.ダブルアルビノ同士の子達です 2014年産

・コーンスネーククリームシクル ポッシブストライプ
 ルートビアhet.ダブルアルビノ同士の子達です 2014年産

・コーンスネークルートビア(75%エモリーラット)het.アルビノ
 エモリーラットアルビノとルートビアhet.ダブルアルビノの子達です 2014年産

・コーンスネーク アルビノルートビア(75%エモリーラット)
 エモリーラットアルビノとルートビアhet.ダブルアルビノの子達です 2014年産

・エモリーラットスノー 2012年産(参考展示
 今回のhet.アルビノ・スノーの親(♂)です


今年は♂♀共にバランスよく産まれたのでペア販売も考えています。

もしよろしければブースに立ち寄って見て行ってくださいね

子育てに追われる日々。。。。

今年は21匹の子ヘビ達の親になりました

温室260825

とりあえずHBMまで頑張ります(汗)

ルートビア×ルートビアの子達

ルートビアが3匹、ルートビアストライプが3匹、クリームシクルが5匹

ルートビア×ルートビア2014

まさかストライプが採れるとは思っておらずびっくりしましたが、後は大体思惑通りの結果でした。

両親共にルートビアhet.ダブルアルビノのため、アルビノ表現の子達はどちらのアルビノなのかはわかりませんがこの間生まれてきたエモリーラットアルビノとルートビアhet.ダブルアルビノのアルビノ表現の子達とはまたちょっと違った感じです。


クリームシクル2014
・ルートビアhet.ダブルアルビノ×ルートビアhet.ダブルアルビノ ♂

私が欲しかった『クリームシクル』を表しているかのごとく、とても綺麗な子です。

現在流通しているクリームシクルはコーンの血が濃いため赤っぽいのが多いですが、この子は50%コーン、50%エモリーのため蛍光オレンジでキラキラしてます♪


ルートビアストライプ2014
・ルートビアhet.ダブルアルビノ×ルートビアhet.ダブルアルビノ ♀

今回一番驚いたストライプですが、どうやら今回使った親の親(クリームシクル)にストライプの遺伝が入ってたのかもしれません。

現在我が家にコーンのストライプは居ないため確認できないのが残念ですが、アダルトのストライプ♂が手に入れば(もしくはお借りできれば)掛け合わせてちゃんと確認してみたいです


ルートビア2014
・ルートビアhet.ダブルアルビノ×ルートビアhet.ダブルアルビノ ♂

普通のルートビアも今回3匹採れましたが、みんなエモリーの血が入っているためコーンスネークの赤ちゃんに比べるとかなり大きいです。


今年は正式にHBMに出店することが決定しましたので、今回採れたヘビ達をほぼ全部持っていこうと思っていますので是非実際に見てお持ち帰りして頂ければと思っております。




エモリーアルビノ×ルートビアhet.ダブルアルビノ

この間生まれたのが5匹といいましたが、実は6匹でした。。。。

エモアル×ルートビアの子2014

確率的にはアルビノとノーマルが半分半分なのですが、アルビノのほうが1匹多かったです

性別は♂が2匹、♀が4匹とそこそこの別れ具合


品種としては、ルートビアhet.ダブルアルビノとエモリーラットアルビノとの掛け合わせのため、ノーマルの場合は75%エモリーラットの血を引いたルートビアhet.(エモリー)アルビノ(Posibleコーンアルビノ)となり、アルビノ表現の子達は(エモリー)アルビノルートビア(Posibleコーンアルビノ)となります。

正直どっちも名前が長すぎます(汗)

本来ルートビアのアルビノはクリームシクルなのですが、クリームシクルのアルビノ因子はコーンのため我が家の子達にクリームシクルとは名前をつけることも出来ずイベントの時どうやって名前をつけようか悩んでおります。。。。


そして生まれてきた子達ですが

エモアル×ルートビア♀01
・エモリーアルビノ×ルートビアhet.ダブルアルビノ ♀

エモアル×ルートビア♂01
・エモリーアルビノ×ルートビアhet.ダブルアルビノ ♂

同じノーマルでも、肌の色が違っています。

実はこれ、ルートビアを作出した時にも同じことが起こっており今回卵を産んだ♀はどちらかというと下の黒っぽいタイプです。

性別が違うためこの子達を掛け合わせると面白いかもしれません


そしてアルビノ表現の子ですが

エモアル×ルートビア♀02
・エモリーアルビノ×ルートビアhet.ダブルアルビノ ♀

クリームシクルというよりはエモリーの血が濃いだけあってアルビノエモリーに非常に似ています。

こちらは♂1、♀3とメスが多いですが全て販売しようと思っていますので是非ペア取りして頂けると嬉しいです。


今のところHBMには参加しようと思っていますが、もしかしたらとんぶりになるかもしれないのでわかり次第またブログで連絡します。





スノー×アルビノ=??

普通に考えればアルビノhet.スノーですよね?


でも結果は・・・・




22

ノーマルでした・・・・(汗)


どうやら現在日本で流通しているエモリーラットのスノーは、エモリーラットアルビノと違うアルビノ因子を持っているのか、違う種類のアルビノから作られている可能性がありそうですね。

とりあえず♂1、♀4匹採れたのでこの子達を掛け合わせて結果を調べるしかなさそうです。。。。

03

なんかいろいろと発見できることは嬉しいのですが、毎年表現系がノーマルばっかりだと地味すぎて切なくなります(涙)

孵化のお知らせ

先月キャンドリングでチェックした卵達の結果が出ました

1.エモリースノー♂×エモリーアルビノ♀(イシュ)

 5個中全て孵化 現在初脱皮待ち

2.エモリースノー♂×エモリーアルビノ♀(E-002)

 残り1個もカビてしまい 失敗に終わる

3.エモリーアルビノ♂×ルートビア♀

 残っていた11個のうち無事孵化したのは5個のみ
 残りの6個は全て死篭り(2匹は未熟児で数時間後死亡)

4.エモリーゴースト♂×コーンアルビノ♀(スゴロモ)

 全て腐ってしまい 失敗に終わる

5.ルートビア♂×ルートビア♀


 現在孵化中 全ての卵に亀裂が入っているため11個とも大丈夫そう


無事だった1、3、5についてはいろいろと報告したいことがありますが、初脱皮が終わったら順次報告して行こうと思っています。

結構びっくりすることがいくつもありましたのでお楽しみに♪

卵達の様子

先月隔離した卵達をキャンドリングして様子を確認しました

1.エモリースノー♂×エモリーアルビノ♀(イシュ)

 6個保管中、5個OK(血管見える) 1個カビ(廃棄)

2.エモリースノー♂×エモリーアルビノ♀(E-002)

 2個保管中、1個微妙(血管見えるけど駄目そう) 1個カビ

3.エモリーアルビノ♂×ルートビア♀

 12個保管中、11個OK 1個無精卵

4.エモリーゴースト♂×コーンアルビノ♀(スゴロモ)

 5個保管中、1個微妙(血管見えるけど卵腐りそう) 3個無精卵

5.ルートビア♂×ルートビア♀


 11個保管中、11個OK


この結果今のところ大丈夫そうなのは27個(微妙2個の計29個)

無事全部から赤ちゃんが生まれてくることを祈りつつ、後1ヶ月待とう

買っちゃった(汗)

コーンスネークの最近の品種に疎くなってしまったため勉強の意味も兼ねて買っちゃいました(汗)

コーン本

爬虫類に詳しいGo!!さんが著書とのことで期待して購入

コーンスネークに関しては、品種の歴史やカラー、名前の由来など勉強になったけど、おまけ?で付いていたエモリーラットの紹介に関しては、ほぼ知ってる内容だったのもあり少し残念でした。

ただそれを除いても素晴らしい本だと思うので、初心者の方はもちろん、飼育歴の長い人でも楽しんで読めるのではないかと思います

これが我が家のエモリーズ

ノーマル、ハイポ(ゴースト)、アルビノ、スノーの♂達

エモリーズ

こうやって一緒に入れると違いがはっきりとわかって気持ちよいw

今のところ国内で流通してるエモリーラットで入手できてないのは、亜種のコロラドマウンテンだけかな?

いつかはチョコレートやゴールデン(チョコレートアルビノ)を入手して世界で流通しているエモリーラットのモルフを全部集めたいです

そして自家繁殖で、ハイビノ、ハイポスノーとかも・・・・


アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング
にほんブログ村 その他ペットブログ ヘビ(スネーク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット ペットショップへ
にほんブログ村

ペットブログランキング

ランキングに参加しております。
よろしければポチっと
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ