私の中ではずっとアルビノエモリーとアルビノコーンを掛け合わせたらF1でコーンスネークのクリームシクルが採れると思っていたのですが、実際に産まれてきた仔達は見事に私の期待を裏切ってくれました。

IMG_4079

見た目はドノーマルのエモリーの仔達そっくりですが、よ〜く見てみるとコーンスネークの特徴(赤色)も混ざっておりキサッチラットにも似ています。
(ちょっと前の情報ではエモリーとコーンの交雑種としてキサッチラットと呼ばれるヘビが存在していたのですが、現在は独立した亜種としてみられています。)

IMG_4073

今回私が驚いたのは、コーンスネークのアルビノとエモリーラットのアルビノは遺伝子が違っておりそれらはアルビノとして発現しないということです。
このことより、今まで世の中に出回っていたクリームシクルはコーンスネークのアルビノ因子のみを持った個体であり、エモリーのアルビノ因子を持ったクリームシクルは出回っていないとも考えられます。

今回採れた仔達は全てヘテロダブルアルビノであるので、それらを掛け合わせると3/16の確率でエモリーのアルビノ因子を持ったクリームシクルが産まれ、1/16の確率でダブルアルビノが産まれることとなります。(多分まだ誰も作ったことは無いはず・・・・)

今後産まれて来たヘテロダブルアルビノ(コーンのアルビノとエモリーのアルビノを持っている)仔達を掛け合わせた時に産まれてくる
コーンのアルビノ因子を持ったクリームシクルとエモリーのアルビノ因子を持ったクリームシクルに違いがあるのかどうか?を調べ、そしてダブルアルビノクリームシクル(1/16の確率ですが・・・)を作出するために頑張って育てて行こうと思っております。

今年参加出来たらですがHBMにも出品しようと思っておりますので興味のある方は楽しみにしていてください