タヌーシャ倶楽部のブログだよ〜ん

販売している両爬虫類や昆虫の紹介や飼育している動物達の日々の生活

ローチ全般

お久しぶりです・・・(汗)

ずっと気にはなっていたのですがついついブログの更新を放置してしまい、まさかの2013年を迎えてしまいました・・・

去年は目標としていたブラックアウト、HBMの出店が叶わず、ソメワケの繁殖も大失敗してしまいかなりテンションが低くなっていたのも原因かもしれません

また、秋頃から少しずつ規模を縮小させるために、ヤエヤマサソリやドミノローチも売り切ろうとオークションやネットショップにて販売をしていました。(ヤエヤマサソリはおかげさまで完売しました)

ネットで爬虫類などの販売が出来なくなるみたいなのでネットショップについてもどうしていくか考えなくてはいけませんが、とりあえず今は、エモリーラットのスノーを成長させるのと、ドミノローチの残り(卵と幼虫が少々)を販売しきることが大きな目標となっているため頑張ろうと思います。

そして、出来る限りブログも更新出来るよう頑張りますのでこれからも宜しくお願いします。

ドミノローチの成虫大放出!!

前回ブログでドミノローチの成虫が増えてきましたと報告させて頂きましたが、とうとう成虫だらけになってしまいました・・・(汗)

よって成虫を5ペア、ネットショップにて追加販売させて頂きますので是非奇麗なゴキブリさんをGETしてください〜

ゴキ1←クリックでネットショップに飛びます!

ドミノローチ成虫販売

少しずつですが、成虫が増えてきたので販売することになりました。
幼虫も2セットですが追加販売することになりましたので是非この機会をお見逃しなく!

ゴキ1←クリックでネットショップに飛びます!

ドミノローチのメンテナンス&販売

前回のブログでお話したドミノローチの件ですが、
今日東レプに行けなかったので徹底的にメンテナンスしました!

DSC_0016

成虫があまり居ないのは残念ですが、幼虫だけでも100匹以上居ます。

柄が真っ白なのは成虫になったばかりのレア個体です!
(時間が経つとどんどんくすんで行ってしまうため)


IMG_3638

この写真は、まだ飼育し始めて半年ぐらいのですが
思えばこんな少ない数から良くここまで増えたと関心しています。


どうやら私はゴキブリを増やすのは得意みたいです・・・(汗)


さて、本題に入りますが、今回は卵を3セット、幼虫を5セットとりあえずネットショップで販売しようといます。

item_62_1
 ↑↑↑↑↑↑クリックで販売ページまで飛びます↑↑↑↑↑↑

卵は孵化するまで最長で3ヶ月かかってしまいますが、10個全て孵化すれば大体50〜80匹は採れます。

item_61_1
 ↑↑↑↑↑↑クリックで販売ページまで飛びます↑↑↑↑↑↑

幼虫は多分成虫になるまで半年以上かかると思いますが
飼育方法もそんなに難しくないので是非綺麗な成虫まで
育て上げてくださいね

そろそろドミノローチ販売しようと思います

最近メンテナンスはしているんですが、どれぐらい居るのか
わからない状態のドミノローチ達・・・・

多分幼虫だけで50匹以上は居ると思うので、今度床材を
交換する際にちゃんと数えてみるつもりです。

もし50匹以上居る様でしたら、幼虫と卵を少しだけですが
販売しようと思ってますのでドミノローチ好きの方がいらっしゃいましたら楽しみにしててくださいね〜

かなり遅れてしまいましたがゴキブリ祭り開催です〜

先日のご連絡から大分時間が経ってしまいましたが
8月14日〜31日までの17日間、ゴキブリ祭りを実施します(o^∇^o)ノ


↑  ↑  ↑  ↑
クリックした先の『おすすめの商品』がセール品です♪


・デュビア幼虫2〜3cmサイズ 50匹入り 通常1500円⇒1000円
・デュビア幼虫2〜3cmサイズ 100匹入り 通常3000円⇒2000円
・デュビア幼虫1cmサイズ 50匹入り 通常750円⇒500円
・デュビア幼虫1cmサイズ 100匹入り 通常1500円⇒1000円
・レッドローチの卵40個入り 通常400円⇒300円
・ドミノローチsp.成虫ペア 通常700円⇒500円
・ドミノローチの卵10個入り 通常1000円⇒500円

全ての商品がかなりお買い得となっておりますが、
数が限られているためお早めにどうぞぉ〜〜

ゴキブリ祭りを開催します〜

この暑い夏に増えすぎてしまった当店のゴキブリ達を
8月1日〜8月31日まで格安で販売する予定です。

 ゴキ1

一応メインはデュビアですが、レッドローチやドミノローチも
販売しますのでこの機会をお見逃しなく!!

ドミノローチ【Therea olegrandjeani】について

去年2月に幼虫12匹を購入してから1年が経ち、現在我が家には成虫16匹(♂9匹、♀7匹)と1〜2cmサイズの幼虫が21匹、1cm以下の幼虫が59匹、合計96匹に増えました。

IMG_6205

床材に使っていた腐葉土が殆ど食べつくされてしまい糞だらけになっていたので交換するついでに卵も確保しました。

IMG_6211


約140個程の卵を確保しましたが、色や形もまちまちでどれが状態が良くて、悪いのか正直わかりません


IMG_6219

そこで色や形など4通りに別けて調査してみることにしました。

IMG_6219-2

まず産まれて来たばかりだと思われるオレンジ色で綺麗な卵 No.A

IMG_6219-1

No.Aよりややくすんでいる卵 No.B

IMG_6219-3

No.Bよりさらにくすんで駄目そうな色をしている No.C

IMG_6219-4

最後に、通常の卵より小さいタイプの No.D


私の予想だとC⇒B⇒Aの順番で産まれてくるのではないかと思っていますが、Cのくすみ方がハンパじゃないんでもしかしたら死んでしまってるかもしれませんが・・・

Dに関しては、あまりに小さい卵は孵化してこないのではないかと予想しています。

果たしてどのような結果が出てくるのか3ヵ月〜4ヵ月後には全ての結果が分かると思いますのでその都度ブログで報告させて頂きます♪







レッドローチの卵

今日レッドローチのケージを掃除したら結構採れました!!

IMG_6087

当店では、レッドローチのアダルトを食べるのがソメワケ4匹で、それ以外は写真のような生まれたてのベビーしか食べられないんで知らない間にケージの中はレッドローチで溢れかえります・・・・(汗)

IMG_6088

ケージ掃除してる最中に捕まえたベビー達の量からすると大体2週間ぐらいはヤエヤマサソリやチリアンコモンベビー達の餌として持ちそうなので少しだけ販売に回してみようと思ってます。


欲しい方はネットショップへGO!!



☆★レッドローチの飼育マニュアル★☆

1. 初めに
レッドローチ(別名トルキスタンローチ)【学名:Blatta lateralis】は、日本でも両爬虫類や熱帯魚の餌として販売されているゴキブリの一種です。東北アフリカ〜中央アジア、北アメリカに生息し、平均寿命は産まれてきてから大体半年〜1年ぐらいと言われています。(当店でも大体それぐらいでサイクルしています)

IMG_3286

見た目は日本のゴキ○リにも似ており苦手な方からするとただの害虫でしかありませんが、コオロギと違い鳴かないですし、共食いする率も少なく、壁も登らないので最近では餌用ローチとして使われることも多くなってきています。

2. 必要な設備や環境について
よほど環境が悪くない限りどんな入れ物に入れようと、どんな餌を与えようと増えると思います・・・
ここでは最低限必要と思われる物を紹介致します。

ケージ
 脱走されないような入れ物であればどんな物でもOKです(笑)
ただ蒸れてしまうと変な虫が湧いたり、臭くなってしまうのでフタには空気の出入りが出来るような物を用意してあげてください。(カブト虫やメダカ飼育用プラケースで全く問題なし!)

水入れ
水は切らさないようにしてあげてください。(共食いや死亡の原因になります)容器に水を入れるだけでもOKですが、溺れて死んでしまう個体が必ず出てきますので、当店で販売しているようなローチ用水入れがお勧めです♪(手入れも楽ですよ〜)

床材
いろんな床材がありますが、新聞紙、ペットシート、ウッドチップなど管理しやすい物を使ってください。当店ではペットシートを敷いていますが何も敷かなくても大丈夫です。

ヒーターや、クーラー等の温度管理器具
 彼らは暖かいところに住んでいるため冬は加温してあげてください。室内であれば寒くて死んでしまうということはないかもしれませんが食欲も減ってしまいますし、繁殖もしなくなってしまいます。
当店ではエアコンで温度を26℃〜28℃ぐらいに保温してあげていますが、パネルヒーターを一枚下に敷いてあげれば冬でも元気に活動してくれます。(全面に敷くのではなく1/3ぐらいで)

隠れ家
 正直これが無いと彼らは安心して生活できません。繁殖を考えていない場合でも彼らが常時隠れられる隠れ家を用意してあげてください。卵用の紙パックや、園芸用の紙ポットがBestですが、新聞紙をぐちゃぐちゃにしたものでも大丈夫です。古くなってきたら捨てられるので紙製の物が楽です。

3. 日常の世話
通常行う世話としては、無くなった時に餌と水をあげるぐらいです。床材は飼育している環境や数によって変わりますが、大体1〜2ヵ月ぐらいに一度交換してあげると良いと思います。(耐えられないぐらい臭い場合もあるのでその場合はもっと早く交換してあげてください)

4. 餌の種類と与え方
 彼らはどんな物でも食べるので何を与えても生きていくことは出来ますが、出来れば栄養価の高い物で植物性の餌を与えてあげてください。なぜなら彼らを餌とする両爬虫類や熱帯魚は、植物性の餌を食べることが少なく、栄養が偏ってしまうからです。(雑食性の爬虫類を除く)
 
当店で販売しているローチの餌は、ウサギの餌を粉砕した物をベースにカルシウムパウダーを混ぜ合わせているので栄養価も高くお勧めです♪
お客様でもミキサーとウサギの餌、カルシムパウダーを用意して頂ければ簡単に、安く作ることが出来るので是非試してみてください。

5. 繁殖について
放っておいても勝手に増える生き物ですが、コンスタントに増やし続けるにはちょっとしたコツが必要になってきます。それは過密飼育です。広いケージの中に数匹のペアを入れただけでは中々増えてはくれません。彼らは団体で集まることで安心し、落ち着くことが出来るため、ちょっと狭いかな?ってぐらいなケージにある程度の数を入れて飼育してあげると卵鞘をバンバン産み落とします(笑)
産み落とされた卵鞘はそのまま放っておいてもよいのですが、違う入れ物に入れて保管しておくことで産まれて来たばかりの赤ちゃんを管理することが出来るのでお勧めです。
卵鞘は26〜28℃で保管しておいた場合、約1ヵ月で孵化します。一日一回霧吹きをしてあげれば湿度に関してはあまり気にしなくても大丈夫です。(あまり蒸らし過ぎると腐ってしまいます・・・)
産まれて来たばかりの子も親と同じ餌を食べますので与えてあげてください。
  
6. 当店での飼育方法
人様に言える程の飼育設備じゃありませんが、参考程度にご紹介させて頂きます。

IMG_3039

 当店では、ドリルで蓋に穴を開けた衣装ケースやコンテナボックスにペットシーツを敷いて、卵パックを幾つも重ねた中で飼育しております。夏は熱がこもらないように、冬は寒くなり過ぎないように気をつけてはいますが、日常の世話以外は全く行っておりません(汗)
餌はそのままではなく餌入れに入れて与えております。(ばらまくと床材の汚れが早くなってしまうため)
 餌に野菜くずなどを与えるのも良いのですが、水気が多いためダニやハエが湧き安くなってしまうため私は与えていません。
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング
にほんブログ村 その他ペットブログ ヘビ(スネーク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット ペットショップへ
にほんブログ村

ペットブログランキング

ランキングに参加しております。
よろしければポチっと
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ