タヌーシャ倶楽部のブログだよ〜ん

販売している両爬虫類や昆虫の紹介や飼育している動物達の日々の生活

ヤエヤマサソリ

出会いと別れ

先週ヤエヤマサソリの♀が亡くなりました・・・・

ヤエヤマサソリ1
ヤエヤマサソリ2

今までたくさんの子供を産んでくれたとても立派なお母さんでした。

ヤエヤマサソリ3

我が家に来たのは約2年前、来たときは5个阿蕕い世辰燭里最後には3cmを超えてくれました。
彼女にはいろいろな経験や思い出をくれた私にとって大切なペットだったのでやっぱり悲しいです・・・

今は、残された子供達を立派に育て上げてまたいっぱいの子供達を採れるよう頑張って育てていこうと思います。

ヤエヤマサソリのケージ作り

あまり参考にはならないかもしれませんが、作る機会があったんで
写真撮って、ブログ書いてみました( ´∀`)つ

1.容器の用意

IMG_6403

3個セットで100円で購入したタッパを使います。(キャンドゥー製)


2.ドリルで穴をあける

IMG_6404

ドリルがなければ釘や錐を使っても問題ありませんがふたの部分に
Φ1弌閉招1弌砲阿蕕い侶蠅9個程あけます。

あまり大きい穴をあけてしまうとすぐに乾燥してしまうのでお勧めしません。

IMG_6405

あけた後はこんな感じです。(わかりずらい・・・・)


3.床材を入れる

IMG_6406

我が家では腐葉土と赤玉土を1:1の割合で入れています。
5弌1cmぐらい敷いていますがあまり気にする必要はナッシングですv( ̄∇ ̄)v

ダニなどが心配な方は一度電子レンジで加熱してあげてください♪

私?私はもちろんそんなメンドクサイ丁寧なことは行いませんよぉ〜

IMG_6407

床材を敷いたら霧吹きで底の部分まで染み渡るぐらいに水をかけます。
あまりビチョビチョしてるとサソリが窒息するかも・・・(;´Д`)

4.仕上げ

IMG_6408

サソリが隠れられるよう木の皮などを入れてあげましょう♪
彼らは隠れるところがないストレスが溜まってしまうので何か入れてあげてね(゚∀゚)アヒャヒャ

IMG_6411

30分ぐらいふたを開けて放置させたらサソリを入れてふたをしておしまいです。すぐに入れないのは、床材と水をなじませるためです。

5.最後に

大した内容じゃないのに最後まで読んで頂いてありがとうございます。

ヤエヤマサソリはあまり共食いをしないみたいなので別々に飼う必要はないかもしれませんが、我が家では何度か食べられてしまったことがあったので個別で飼育しております。

IMG_6415

こんな感じで大きな入れ物に複数入れて管理しております。
冬の間は温室の中で飼育していますが、春〜秋までは加温する必要はないのでとても飼いやすいと思います。


最後まで読んでくださった、そこのあなた!!


是非一度ヤエヤマサソリを飼育してみてください(☆゚∀゚)

大きくなってきたぞぉ〜

この間生まれて来たヤエヤマベビー達が大きくなってきました。

IMG_6183

大体18匹〜20匹程度のベビー達が母親サソリと一緒に入ってます。
餌のレッドローチと殆どサイズが変わらないのに捕まえて食べてるのを
見るとさすがサソリだなぁ〜と感心しちゃいます(((( ;゚д゚)))

IMG_6185

大体この仔のサイズが4mm〜6mmぐらいです。
もう少し大きくなってきたら母親と別けるつもりです♪

yaeyama1

近くで見るとちゃんとサソリサソリしてますね(笑)
1cmぐらいになったら販売開始しようと思ってるので
楽しみにしててください〜

IMG_6187

ちなみにこの仔は去年産まれ(´∀`*)
もう2cmを越えているんでもしかしたら今年中に赤ちゃんを産んでくれるかもしれません。

2回目の出産

去年6月初旬に出産をしたヤエヤマサソリCB09がまた可愛いベビー達を出産してくれました〜〜.。゚+.(・∀・)゚+.゚

IMG_5863

今回も10匹以上は産まれて来てるんで、1cmぐらいに育ってきたら販売を開始しようと思っております。

飼育方法については、以前ブログでも紹介しておりますが餌さえ用意出来れば♀だけで増えるんで初心者でも簡単に楽しめます♪

とりあえず当分の間はお母さんにくっついて離れないと思うんで、そっと見守ってあげようと思います。

花粉に悩まされるこの時期・・・

3月に入り、夜は相変わらず冷え込みますが昼はポカポカしていいお天気で固まってた体も動きだす今日この頃。
しかし、6年前から徐々に酷くなってきている花粉症に悩まされ、外に出るのが辛くて引きこもってしまってます・・・(せっかく春なのに)
仕方ないので、ローチ類やサソリの世話をしました。

1.デュビアのケージ入れ代え
 敷いていた腐葉土が全て糞に変わってしまったのでケージごと
 デュビア達を入れ替えしました。
 数的には、大小合わせて500匹ぐらいかな??

2.レッドローチのケージ掃除
 知らない間に増え続け、今では消費しきれないほどになって
 しまいました・・・・(汗)
 販売したいとこなんですが、捕まえるのも結構面倒なので
 どうしようか悩んでます

3.ヤエヤマサソリ達のケージ作成&移動
 今まで親個体と子供達2匹のグループと、子供達2匹のグループ
 を2個のタッパ容器に入れていましたが、親個体と一緒に
 入れていた子供が一匹食べられてしまったので全ての個体を
 分けるためにタッパを購入して手作りケージを作成しました。

そろそろ冬眠させているヘビ達も起きてくるのでマウスを用意してあげなければいけないのですが、今まで購入していたところがマウス不足になってしまってるんで金銭的にかなりしんどいです・・・

自分の食費削ってでもマウス買わなきゃいけない日が近いかも??

入荷情報8月15日

6月22日に紹介させて頂きましたヤエヤマサソリのベビー達がある程度の大きさになりましたので今日から販売開始となりました。

3齢サイズ1
画像をクリックして頂ければカートへ飛びます♪

ヤエヤマサソリ以外にも白蛇の抜け殻や、レッドローチの卵、デュビアなども販売を始めましたのでご購入の際はネットショップかオークションにてご確認ください〜(*^_^*)


3齢サイズ2
思った以上に順調で今のところ一匹も死んでいません。
結構丈夫な生き物なのかもしれませんね・・・

IMG_4128
餌はレッドローチ達50匹ぐらいを放していますので食べたい時にいつでも食べられる状態になっております。
(どっちを飼ってるのかわかりませんが・・・汗)

飼育している個体の数も増え、ヤエヤマサソリだけでなく、ドミノローチ達も順調に増えてきておりますし、期待のコーンスネーク×エモリーラットの仔達も初脱皮をそろそろ迎えそうですので販売開始まで楽しみにしていてくださいね〜

ヤエヤマサソリのベビー達

我が家で産まれたヤエヤマサソリのベビー達♪

yaeyama-baby2


ヤエヤマサソリってどんな生き物?って方のために
少しだけ紹介させて頂きます。

名前の通り、日本の八重山諸島に生息するサソリで
大きさは成体でも2〜3cm程です。
(日本にサソリが居るなんて知ってました??)

彼らは♀だけで単為生殖する不思議なサソリで
我が家も1匹の♀から赤ちゃんが産まれました♪

サソリと聞くと猛毒を持つ生き物と結びついており
刺されたら死んでしまうのでは?と思われる方もいると
思いますが、人間の皮膚を突き刺せるほどの針は持ってません。
そして万が一刺されたとしても蚊程度とのことなので
よほどアレルギーを持っている方でなければ大丈夫だと思います。
私はわざと刺されようと威嚇したりしましたが、逃げまどうだけで
刺そうとはしませんでした・・・(汗)続きを読む
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング
にほんブログ村 その他ペットブログ ヘビ(スネーク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット ペットショップへ
にほんブログ村

ペットブログランキング

ランキングに参加しております。
よろしければポチっと
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ