タヌーシャ倶楽部のブログだよ〜ん

販売している両爬虫類や昆虫の紹介や飼育している動物達の日々の生活

コロラドマウンテンラット

今年の結果発表

【コーンスネーク】
<ハイポラベンダーhet.アメラニ♂×バターモトリー♀>
16個産卵(内9個スラッグ)⇒1匹孵化(表現型:バターモトリー)

残った7個中1匹だけ産まれたが未成熟で背骨のが曲がっている奇形であった。死篭りしていた3匹や生まれた子は全てバター+ストライプorモトリーだったため、ハイポラベンダーhet.バターモトリーorストライプで、♀もストライプを持っているかもしれない。

<ルートビアストライプ♂×ルートビアhet.ダブルアルビノ001♀>
9個産卵⇒0匹孵化

殆どの卵が無精卵だった。この♀はストライプをヘテロでストライプを持っているため、ルートビアストライプの量産を期待したのだが残念。来年も同じ掛け合わせをする予定。

<ルートビアストライプ♂×ルートビアhet.ダブルアルビノ004♀>
10個産卵⇒3匹孵化
(表現型:ストライプ、ノーマル、クリームシクル)

22

こちらも無精卵や死篭りが多く採れたのが3匹だけと少なかった。しかし今回生まれた子達からストライプ♂はヘテロアルビノで、♀はヘテロストライプということがわかった。
来年も同じ掛け合わせをする予定。

<ブリザード♂×ブリザード♀>
14個産卵⇒14匹孵化(表現型:ブリザード)

jpg large

卵全体がブツブツだったため少し心配だったが無事14匹孵化してくれた。来年もこの組み合わせで掛け合わせる予定

<ブリザード♂×アメラニ♀>
13個産卵⇒13匹孵化(表現型:アメラニ)

37

無事全ての卵から孵化してくれた。来年は多分掛け合わすことは無いと思う

【エモリーラット】
<エモリーhet.ハイビノ♂×エモリーhet.ハイビノ♀H001>
5個産卵⇒4匹孵化(表現型:ノーマル)

今年一番の期待だったのだが全てノーマル表現と大はずれ。来年以降も引き続き継続して掛け合わせる予定だが最低でもゴーストが出て欲しい。

<エモリーアルビノ♂×エモリーアルビノ♀>
6個産卵⇒3匹孵化(表現型:アルビノ)

1匹だけ尻尾に軽微な曲がり有り。兄弟同士の掛け合わせだったがこれと言って面白い子も採れず、来年は掛け合わすかどうか悩むところ。

<コロラドマウンテンラット♂×コロラドマウンテンラット♀>

2個産卵⇒2匹孵化(表現型:コロラドマウンテンラット)

54

♀を卵詰まりで死なせてしまったため無事生まれてきてくれてホッとしている。2匹はそれぞれ♂、♀と別れたため両方ともKeepする。

今年の産卵結果

前回の日記でも予感はしていたのですが、今年はかなり厳しく、辛いシーズンとなってしまいました。。。

まずは、大切にしていたコロラドマウンテンラットの♀が卵詰まりからの処置失敗による死亡

これは100%私が悪いため、正直今でも引きずっています。。。
何とか血管が浮いてる卵が2個残っているので無事生まれて欲しいです

2つ目に、今年の目標の一つとしていたアルビノコロラドの検証も♀が卵を産まず来年以降に持ち越し、そして1つ目の違う♀を落としてしまったことで検証よりも先にコロラドマウンテンを増やすことを優先しなければならなくなってしまうかもしれません。

エモリーラットに関しては、ヘテロスノー同士またはヘテロ×ホモでのアザンテック(又はアネリ)の作出も交配させることが出来ず持ち越し、何とかスノーだけでもとホモ同士を掛け合わせるも卵を産まず

何とか目標としていたことで出来たことといえば、ヘテロハイビノ同士から卵を採ることが出来た事と、ブリザードが卵を産んだことぐらいです。

いろいろと上手くいかなかった原因はあると思いますが、一番の問題はやはり私の未熟さと管理不足なのでこの失敗を来年以降起こさないように気を引き締め、今年生まれてくる仔達を立派に成長させてHBMに参加できるよう頑張ろうと思います。

長くなってはしまいましたが、今後も夢を諦めず細々とですが頑張って行きますので宜しくお願い致します。

交配もそろそろ終盤戦

G.W.も終わりが近づき、徐々に我が家のヘビ達の交配も終盤戦となってきました。

00
アルビノコロラドマウンテンラット♂×コロラドマウンテンラット♀

このペアは、去年上手く掛からず、今年も1回目では♀が受け入れているにも関わらず♂が下手っぴのため今年も駄目かと思ってたのですが何とか無事掛かってくれました。


06
エモリーラットスノー♂×エモリーラット♀

逆にこのペアは、♂が入れた途端にへミペニスを出し、精液が漏れてしまうという恐ろしい(うらやましい)ぐらい盛っていたため一瞬で掛かりました(汗)


まだ掛け合わせたい組み合わせの半分ぐらいしか完了していませんが、♂がなかなか思うように行動してくれないこともあり悩ましい限りです


追伸:やっぱり交尾が得意な♂は素晴らしい!!


本命続々

GWを前にして続々と本命が交尾してくれました。

45
エモリーラット ヘテロハイビノCB2011♂×CB2013♀


ちょうど4年前、彼らからハイビノを採る為に頑張って育ててきた2匹をようやく掛け合わせることが出来ました。

まだ本命が採れても居ないので大手を振って喜ぶことは出来ませんが長かった道のりだったのでホッとしております。


09
コロラドマウンテンラット♂×♀

この子達は入れて数秒で交尾をするという早業でしたが、無事掛け合わせることが出来ました。

コロラドマウンテンの血をとりあえず増やしておきたいのでこちらも無事に生まれてくることを祈っています。

東京レプタイルズに行ってきました

冬が終わり、花粉症も治まった5月
冬眠明けしたヘビ達の交配期間中に、爬虫類熱が復活した私は、この日を楽しみに今週頑張ってきました(笑)


相方とお昼頃にサンシャインシティに到着してパシャリ

17

twitterでも聞いてはいましたが、こんなに人が居るとは驚きです
(きっと私と同じで暖かくなってきてテンションあがったのかな?)


今回私の目的の一つであったあるショップで販売しているコロラドマウンテンラットの♂を購入しようと前日ATMからなけなしをお金を下ろしていざ突入も、今回は持ってきていないとのことで、私の東レプは終了してしまいました(汗)

しかし、違うお店に前々から気になっていたヘビが。。。。

04

この写真を載せてる時点で誘惑に負けて連れて帰ってきてしまったんですが、当初狙ってた蛇の予算を大幅にオーバーしてしまいちょっと冷や汗が。。。

このヘビ、ショップの人にも聞いたんですが、コロラドマウンテンラットのアルビノとして入荷したんだそうです。

もしこれが本当であればとんでもないことなのですが(といっても日本中でそう思っている人は少ないと思いますが。。。)、ただ、ショップのサイトの写真を見ると、良くてコロラドマウンテンラット×エモリーラットアルビノ、下手するとただのアルビノエモリーの可能性があったので自分では買うことは無いと思ってました。

ただ、実際に実物を目にすると、どうみてもアルビノエモリーには見えず、どちらかというとスノーに近い色をしており我が家にはアルビノもコロラドマウンテンラットも居るため高いお金ではありますが、この仔の正体を知るため購入しました。

この仔が本当にコロラドマウンテンラットの純粋なアルビノであればエモリーラットのアルビノとはクロスせずノーマルが生まれてくるはずですし、コロラドマウンテンと掛け合わせてコロラドマウンテンが採れればノーマルのエモリーでないことがわかるので無駄な買い物では無いと思います。

とりあえず今年、コロラドマウンテンの♀と掛け合わせ調査してみたいと思っています。

(おまけ)

30

池袋で開催ということもありフクロウがいっぱい居ました。
値段もかなりお高めなのに結構売れてたので人気があるみたいです。

コロラドマウンテンラット

この間のBlackOutで買っちゃいました(汗)

35

お迎えした時は脱皮前だったので脱皮後に発表しようと1週間程待機しておりました


04

即戦力として購入したのですが、今のところ餌やりの状況や餌食いに関してわからないためとりあえず餌を与えて確認した後、冬眠させるかどうか判断しようと思っています。

販売してたお店では♀で売っていましたが自分で確認してみないことには安心が出来ないのである程度我が家に慣れてきたころに挿してみます
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング
にほんブログ村 その他ペットブログ ヘビ(スネーク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット ペットショップへ
にほんブログ村

ペットブログランキング

ランキングに参加しております。
よろしければポチっと
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ