タヌーシャ倶楽部のブログだよ〜ん

販売している両爬虫類や昆虫の紹介や飼育している動物達の日々の生活

スノー

スノーエモリー 無事採れました

縁あって3年前に購入したエモリーラットスノーを採ることが出来ました

snow3

6個の中から無事採れたのは3匹(1匹は産まれて来たのですが、内臓が外に出てしまっており3日目に死亡)ですが、初産にしては上出来だと思います。

性別は♂×2と♀×1と一応性別は分かれてくれましたが、どうせなら♀が2匹だったら良かったとちょっと残念ではあります(贅沢)

多分国内では繁殖は初だと思うので、嬉しい反面、もっといろんな人にエモリーの魅力を知ってもらえるよう頑張ろうと思いました。

無事この子達を繁殖に使える日を楽しみに子育て頑張らなきゃ!

今年の本命!だけどちょっと不安が。。。

一番楽しみにしていたエモリーラットスノーが産卵しました。
(ただまだお腹に1個残ってるのが非常に気になりますが。。。)

16

一応大丈夫そうな卵だと思うので、順調に行けば8月の中旬頃にはスノーbaby達が生まれてくると思います。



アルビノとスノー

エモリーラットのアルビノペアとスノーペアを交配させました

41
アルビノ♂(2010年生まれ)×アルビノ♀(イシュタル)

この組み合わせは母と息子という形になります。
アルビノは2年程採ってないので♂と♀を1匹ずつ確保したいです


IMG_20150504_191429
スノー♂×スノー♀(それぞれ2012年生まれ)

日本に入ってきた時のペアのため多分兄弟だと思います。
無事にスノーの子供が採れれば、日本では初だと思います。


まだ交配するペアは何匹か残っていますが、今年一番の目的であったスノー同士の交配が終わったので、後は無事に赤ちゃんが採れることを祈っています

スノー×アルビノ=??

普通に考えればアルビノhet.スノーですよね?


でも結果は・・・・




22

ノーマルでした・・・・(汗)


どうやら現在日本で流通しているエモリーラットのスノーは、エモリーラットアルビノと違うアルビノ因子を持っているのか、違う種類のアルビノから作られている可能性がありそうですね。

とりあえず♂1、♀4匹採れたのでこの子達を掛け合わせて結果を調べるしかなさそうです。。。。

03

なんかいろいろと発見できることは嬉しいのですが、毎年表現系がノーマルばっかりだと地味すぎて切なくなります(涙)

やっぱりコーンとは違います

IMG_7725

去年の夏ごろ購入したエモリ―ラットのスノーの♀の方ですが、どんどん色が変わってきました。

IMG_7729

コーンのスノーのように白っぽくなるのではなくどんどん黄色が浮いてきて不思議な感じになってきました。

IMG_7727

大体私の中指ぐらいの太さまで成長しましたが、餌をガンガン与えていないため通常のこの時期のサイズからしたら小さいです。
ただ、短期間に成長させようと餌を与えすぎることで内臓などに負担をかけすぎてしまい早死にしてしまうリスクがあるためこのままゆっくりと育てて長く健康な状態で生きていけるようにしたいと思っています。

まだまだ繁殖には当分使えませんが、いつか来る彼らの子孫をこの目で見るのが楽しみで仕方ありません♪

ついにGETしてしまいました!

今日ハチクラ中野店にて連れて帰ってきてしまいました・・・

snow emory

多分この感動をわかって頂ける方は日本中探してもそんなにいないとは思いますが、エモリーラットを繁殖させている私からすれば、あまりの嬉しさに狂喜乱舞してしまうぐらいの感動といっても過言じゃありません。

現在我が家には、ノーマル、ハイポ、アルビノが居て、ハイビノ(ハイポ+アルビノ)を作出することを第一の目標としていますが、これにスノーが入ることでいろんな今までにないほどのバリエーションのモルフを作出することが出来るのです!

さらにこのスノー、アネリ(Anerythristic、赤色色素欠損)が存在しておらず、どうやらコロラドマウンテン・ラットスネーク(Pantherophis emoryi "intermontanus")とアルビノの掛け合わせから生まれた突然変異みたいとのことなのでスノーを採るだけでなく、アネリ(存在するかわかりませんが)や、ゴースト(ハイポ+アネリ)、ハイポスノーなどを生み出すことが出来ます。

※コロラドマウンテンをアルビノにしてもスノーにはなりません

今まで私が知っていて持っていない品種としては、チョコレートエモリーとアルビノチョコレートエモリーが居ますがチョコレートエモリー自体はアネリではないのでチョコレート+スノーで真っ白なエモリーラット(コーンで言うブリザード)が作れるかもしれないという可能性まであります。

現在日本で普及しているコーンスネークと同じように様々なモルフが作出出来るようになれば、亜種であるエモリーラットに対しても少しは普及してくれるのではないかと期待しています。

ただ、今回はかなりの資金をこのスノーのペアにつぎ込んでしまったため当分は何も購入出来ません・・・(汗)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ランキング
にほんブログ村 その他ペットブログ ヘビ(スネーク)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ その他ペット ペットショップへ
にほんブログ村

ペットブログランキング

ランキングに参加しております。
よろしければポチっと
Recent Comments
Archives
  • ライブドアブログ