冬が終わり、花粉症も治まった5月
冬眠明けしたヘビ達の交配期間中に、爬虫類熱が復活した私は、この日を楽しみに今週頑張ってきました(笑)


相方とお昼頃にサンシャインシティに到着してパシャリ

17

twitterでも聞いてはいましたが、こんなに人が居るとは驚きです
(きっと私と同じで暖かくなってきてテンションあがったのかな?)


今回私の目的の一つであったあるショップで販売しているコロラドマウンテンラットの♂を購入しようと前日ATMからなけなしをお金を下ろしていざ突入も、今回は持ってきていないとのことで、私の東レプは終了してしまいました(汗)

しかし、違うお店に前々から気になっていたヘビが。。。。

04

この写真を載せてる時点で誘惑に負けて連れて帰ってきてしまったんですが、当初狙ってた蛇の予算を大幅にオーバーしてしまいちょっと冷や汗が。。。

このヘビ、ショップの人にも聞いたんですが、コロラドマウンテンラットのアルビノとして入荷したんだそうです。

もしこれが本当であればとんでもないことなのですが(といっても日本中でそう思っている人は少ないと思いますが。。。)、ただ、ショップのサイトの写真を見ると、良くてコロラドマウンテンラット×エモリーラットアルビノ、下手するとただのアルビノエモリーの可能性があったので自分では買うことは無いと思ってました。

ただ、実際に実物を目にすると、どうみてもアルビノエモリーには見えず、どちらかというとスノーに近い色をしており我が家にはアルビノもコロラドマウンテンラットも居るため高いお金ではありますが、この仔の正体を知るため購入しました。

この仔が本当にコロラドマウンテンラットの純粋なアルビノであればエモリーラットのアルビノとはクロスせずノーマルが生まれてくるはずですし、コロラドマウンテンと掛け合わせてコロラドマウンテンが採れればノーマルのエモリーでないことがわかるので無駄な買い物では無いと思います。

とりあえず今年、コロラドマウンテンの♀と掛け合わせ調査してみたいと思っています。

(おまけ)

30

池袋で開催ということもありフクロウがいっぱい居ました。
値段もかなりお高めなのに結構売れてたので人気があるみたいです。